外食アドバイス

BACK

外食が多い人は、不足しがちな野菜は野菜ジュースで補いますが、やはり食物繊維は食事からとるのがベストです。
忙しくてどうしても朝食抜きの場合、とりあえず朝牛乳又は野菜ジュースだけでも飲むようにしましょう。
朝食の不足分をカバーする昼食は、肉野菜炒めや具だくさんのスープを選び、夕食は昼食で食べなかった食品を意識して、魚や豆製品を摂るようにしましょう。
スパゲッティを食べるなら、クリームベースより低カロリーのトマトベースを選びます。
豆類はサラダで摂るようにします。

コンビニ利用が多い人には、おむすびやいなりずしは2個まで、味噌汁やスープなど飲み物は好きなもので良いです。
不足しがちな芋類はポテトサラダで補います。
パン食は肉や魚などのたんぱく質が不足しがちなので、コロッケやチーズ、ツナなどを選び、野菜はカップサラダや野菜ジュースで補いましょう。
夕食は600kcalぐらいに抑えて、食品数が多く揚げ物が少ない弁当に冷や奴をつければよいでしょう。

ダイエットをしていて貧血になった場合、朝食にレーズン入りのシリアルを摂れば、1食分で1日に必要な鉄分の約1/3が確保できます。
鉄分はビタミンCと一緒にとると吸収がよくなるので、柑橘系果物をプラスして食べるとよいです。
昼食にはほうれん草やあさりのみそ汁を、夕食は鉄分の比較的多い牛肉や春菊、焼き豆腐がそろうのがすき焼きがよく、鉄鍋を利用すれば鉄分アップに効果的です。

ファーストフードの組み合わせとしては、好きなバーガーとコンビネーションサラダやコールスロー、グリーンサラダ、ミネストローネなどの野菜の多い商品を選びます。
飲み物は牛乳にしましょう。

top